ブラックジャックのルールと定石を紹介!ブラックジャック攻略法を講座

オンラインカジノのプロ講座
オンラインカジノ攻略法
since2003/05
世界最大規模のオンラインカジノ(カジノオンネット)
カジノオンネット遊び方の詳細はこちら
カジノオンネットの平均ペイアウト率は何と97.9%!常に高水準を維持しているペイアウト率はさすが、世界最大規模を誇る老舗オンラインカジノですね。
MENU
基礎講座
・HOME【オンラインカジノ講座
オンラインカジノとは?違法?
オンラインカジノは公平、安全?
オンラインカジノは儲かる?税金
オンラインカジノの遊び方は?
情報と遊び方講座
プレイテック系の情報
ユーログランドの遊び方
ランダムロジック系の情報
カジノオンネットの遊び方
マイクロゲーミング系の情報
ゲーミングクラブの遊び方
クリプトロジック系の情報
インターカジノの遊び方
グランドバーチャル系の情報
インペリアルカジノの遊び方
入金・払い戻し講座
小切手の換金方法
クレジットについて
電信送金について
NETellerについて
必勝法講座
オンラインカジノ攻略法
バカラのルールと定石
・ブラックジャックのルールと定石
ルーレットのルールと定石
ビデオポーカーのルールと定石
スロットのルールと定石
リンク集
相互リンクについて
相互リンク集
このサイトについて
サイトマップ(オンラインカジノ講座)

お薦めオンラインカジノ一覧
プレイテック系
ユーログランド
32ベガスカジノ
USAカジノ
カジノトロぺ
スイスカジノ
キウイカジノ
ジパングカジノ
ランダムロジック系
カジノオンネット
マイクロゲーミング系
キングネプチューンカジノ
ゲーミングクラブジャパン
スピンパレス

クリプトロジック系
インターカジノ
グランドバーチャル系
インペリアルカジノ
カジノグラマー
カジノトレジャー
ファンタジー
エレガンス
ラックス
ブラックジャックのルールと定石
ブラックジャックの歴史
ブラックジャック  ブラックジャックの起源に関しては様々な定説がありますが、16世紀のフランスに由来する説が最も有力です。

 当時は、それほどメジャーなゲームではありませんでしたが、1960年代に入ってからアメリカの数学者、経営学者、プロのギャンブラーたちがコンピュータを駆使して大量のデータを分析し、必勝理論・カジノ打倒戦法を作り上げ、ラスベガスをはじめ世界中のカジノに大損害を与えたことで、注目を集めるようになりました。今では、世界中でもっともポピュラーなカジノゲームの一つです。
ブラックジャックのルール
 ブラックジャックは、手持ちのカードの数字の合計が「21」を超えない範囲で「21」に近づけるゲームです。

■遊び方

 プレーヤーは、賭けるチップをベッティング・サークルの中心に置きます。ディーラーがカード2枚を各プレーヤーに表向きにして配り、ディーラー自身にも1枚は表向きにして、もう1枚はふせて、合計1枚を自分自身に配ります

 ブラックジャックは、マルチ・ハンド・ゲームです。つまり、プレーヤーは、一度に最高3つの手でゲームを楽しむことが出来ます。複数の手でプレーしたい場合は、両側にあるベッティング・サークルの中にチップを置いてください。

■カードの数え方

・絵札(キング、クイーン、ジャック)と10は、すべて10としてカウント
・エースは、1または11として、状況に応じてプレーヤーの都合のよい方にカウント
・その他の2から9までのカードは、そのままの数でカウント

■スコア

 最初の2枚のカードが、エースと10としてカウントされるカードの組み合わせであれば、プレーヤーは「ブラックジャック」となり、ディーラーもブラックジャックでない限り、賭けたチップの1.5倍が払われます。もし、プレーヤーの手とディーラーの手がともに「ブラックジャック」の場合、つまり引き分けの場合は、賭け金はそのまま戻されること(Push)になります。

 エースと10としてカウントされるカードの組み合わせである「ブラックジャック」と、3枚以上のカードの合計が21になる組み合わせの手では、「ブラックジャック」の勝ちとなります。例えば、エースと10の「ブラックジャック」と、10と5と6の組み合わせの「21」では、前者「ブラックジャック」の勝ちです。

 「ブラックジャック」でなかった場合、カードの合計を21に近づけるため、合計が21を超えるまでは好きなだけカードを引くことができます。合計が21を超えると負けで、賭けたチップは没収されます。

 ディーラーはディーラーのカードの数の合計数が、16以下の場合はカードを引き続けなければなりません。また、ディーラーは、17以上になったら、スタンド(カードをそれ以上引かないこと)しなければなりません。

■BLACKJACK用語

・BET(ベット)−賭けるチップをベッティング・サークルの中心に置くこと。

・REBET(リベット)−前回と同額のチップを、ベッティング・サークルに置くこと。

・DEAL(ディール)−ディーラーがカードを配ること。ベッティング・サークルに賭けるチップを置き、「DEAL」ボタンをクリックしてプレーを開始してください。

・HIT(ヒット)−もう1枚カードを引くこと。

・STAND(スタンド)−それ以上カードを引かないで、勝負にでること。

・SPLIT(スプリット)−プレーヤーが、最初に賭けたチップと同額のチップを追加して賭けることにより、最初に配られた2枚のカードを2つの手に分けること。2枚のカードは等価値でなければなりません(例:8のペアー、キングとクイーンの組み合わせ、等)。また、2つの手に分けたあとで、エースと10の価値があるカードの組み合わせができても、「ブラックジャック」とはみなされません。

・DOUBLE(ダブル)−プレーヤーが、最初に配られた2枚のカードを見て、最初に賭けたチップと同額のチップを追加して賭けることを選択することができます。この場合、あと1枚だけカードが配られます。手が「ブラックジャック」のときは、ダブルダウンすることはできません。

・INSURE(インシュア)−ディーラーの表向きに配られたカードがエースのとき、最初に賭けたチップの半額を追加することにより、インシュランス(保険)をかけることができます。通常、ディーラーが「ブラックジャック」だと確信するときには、インシュランスをかけます。インシュランスをかけていれば、ディーラーが「ブラックジャック」であった場合、保険金が2対1で支払われます。ディーラーが「ブラックジャック」でないときは、保険金のみ没収されます。

・PASS(パス)−手にインシュランス(保険)をかけないこと。もし、ディーラーが「ブラックジャック」の場合、プレーヤーがインシュランスをかけていなければ、賭け金は没収されます。但し、プレーヤーも「ブラックジャック」つまり「引き分け」の場合は、pushとなります。
ブラックジャックの定石
 ブラックジャックは、オンラインカジノの中でも勝てる可能性のあるゲームの一つで、ルールとカード確率から定石があります。

 プレイによりカードが公開されるため残りのカードの数を考察することによりブラックジャックの確率的な定石と勘案して確実に勝てるというものです。

 ただ、カードを記憶するのはなかなか初心者には難しく、確実に勝つとまではいきません。しかし、下記の定石を行えば、かなり有利になり薦められるでしょう。

 ブラックジャックの定石は、マーチンゲール法と下記を参考にしてみてください。

 ゲームに関する定石を勘案の上で、カードの出現と残り枚数から確立を高める方法「カウンティング」があります。これはデック(残札)にどれくらい絵札(10)が残っているか推測するする事により確率的に判断する事です。

 例えば、現在14の場合8以上を引けばバーストで負けになりますのでカウンティングでバーストとなる8以上の残存枚数と8以下の枚数を比較して判断するという事です。

 実際のカジノではプロの手法としては当然らしいですがオンラインカジノでは不可能なようです。ゲームのスタート時に何組のデックを使用するかは紹介するほとんどのカジノで公開されていますが、シャッフルの方法もそれぞれ違うようですので判断がつきません。ちなみにグランドヴァーチャル系では8組のデックを使用して不定期にシャッフルします。


 ブラックジャックのゲームを考える場合重要なのは、カードは30%以上は10になります。さらにエースを11と考えるなら、38%にもなります。よって、ディーラーの隠れているカードは、とりあえず10と考えておくべきです。ですので、見えてるカードが9だったとしたら19、6だったとしたら16と基本的に考えます。

 また、ディーラーは、17以上になるまでは必ずヒットしなくてはならないため16でしたら必ずヒットします。この場合のバースト率は70%の確立以上になります。以上の条件、確率から上記のヒット、ステイの定石が生まれます。

ページのトップへ↑
HOMEへ【オンラインカジノのプロ講座

当サイトは、ネットカジノ、インターネットカジノ、カジノ、必勝法、攻略法、ギャンブル、ラスベガス、カジノゲームなどに関するサイトです

Copyright(C) 2003-2007 オンラインカジノのプロ講座 All Rights Reserved