バカラのルールと定石を紹介!バカラ攻略法を講座

オンラインカジノのプロ講座
オンラインカジノ攻略法
since2003/05
世界最大規模のオンラインカジノ(カジノオンネット)
カジノオンネット遊び方の詳細はこちら
カジノオンネットの平均ペイアウト率は何と97.9%!常に高水準を維持しているペイアウト率はさすが、世界最大規模を誇る老舗オンラインカジノですね。
MENU
基礎講座
・HOME【オンラインカジノ講座
オンラインカジノとは?違法?
オンラインカジノは公平、安全?
オンラインカジノは儲かる?税金
オンラインカジノの遊び方は?
情報と遊び方講座
プレイテック系の情報
ユーログランドの遊び方
ランダムロジック系の情報
カジノオンネットの遊び方
マイクロゲーミング系の情報
ゲーミングクラブの遊び方
クリプトロジック系の情報
インターカジノの遊び方
グランドバーチャル系の情報
インペリアルカジノの遊び方
入金・払い戻し講座
小切手の換金方法
クレジットについて
電信送金について
NETellerについて
必勝法講座
オンラインカジノ攻略法
・バカラのルールと定石
ブラックジャックのルールと定石
ルーレットのルールと定石
ビデオポーカーのルールと定石
スロットのルールと定石
リンク集
相互リンクについて
相互リンク集
このサイトについて
サイトマップ(オンラインカジノ講座)

お薦めオンラインカジノ一覧
プレイテック系
ユーログランド
32ベガスカジノ
USAカジノ
カジノトロぺ
スイスカジノ
キウイカジノ
ジパングカジノ
ランダムロジック系
カジノオンネット
マイクロゲーミング系
キングネプチューンカジノ
ゲーミングクラブジャパン
スピンパレス

クリプトロジック系
インターカジノ
グランドバーチャル系
インペリアルカジノ
カジノグラマー
カジノトレジャー
ファンタジー
エレガンス
ラックス
バカラのルールと定石
バカラの歴史
バカラ  「バカラ」とは、イタリア語でゼロを意味します。1500年頃にヨーロッパで生まれ、当時のイタリア貴族たちの間で大人気を博しました。イギリスでも王侯貴族たちが熱中して遊び、現在でもそのなごりとして、「キング・オブ・ゲーム」と呼ばれています。

 バカラには「バンク・ア・トゥーバ 」「シェマン・ド・フェール」「プント・バンコ」「ミニバカラ」の4種類があります。それぞれ多少の違いはあるのですがアジアのカジノではプント・バンコが多く、ラスベガスではミニバカラが多いようです。ちなみに、オンラインカジノのバカラは、ミニバカラになります。
バカラのルール
 カジノゲームの中でもっとも大金が動くゲームがこのバカラです。バカラはルールも簡単で比較的単純なゲームです。2枚または3枚のカードの合計が9であれば最高という点では日本のオイチョカブに似ていますね。カジノの控除率1%を少し超えたくらいで、他のゲームに比べて勝ちやすいゲームの一つでしょう。

■バカラのルール

 バカラは、ディーラーが2ヶ所に配った手のどちらが勝つか、または引き分けるかを当てるゲームです。この2ヶ所の、先に配る方をPLAYER(プレーヤー)といい、後に配るBANKER(バンカー)といいます。ちなみに、ここでいうPLAYERとは実際にチップを賭けているプレイヤー(自分)のことではありません。チップを賭けている人(自分)は、「プレイヤー」とカタカナ表記されます。

 このゲームは、PLAYERとRBANKERのどちら側のカードの合計が9に近くなった方が勝ちで、同じ場合は引き分けとなります。つまり、プレイヤーはどちらが勝つのか、それとも引き分け(TIE)るのかを予想してチップを賭けるだけの単純なゲームです。

■プレーの手順

 バカラでは8組のカードが使用されます。PLAYERにもBANKERにもそれぞれ少なくとも2枚ずつ、最大で3枚ずつカードが配られます。基本的に、1番目と3番目のカードはPLAYERに配られ、2番目と4番目のカードはBANKERに配られます。下の表のように、ルールに従ってPLAYER、BANKERとも3枚目のカードを引くかどうかを決めます。

■カードの数え方

・10、J、Q、Kは0
・エースは1
・他のカードは数字通り

それぞれの手のスコアは、カードの合計の下一桁の数字です。 スコアの数え方は以下のようになります。

・9+0=9 この手のスコアは9
 
・4+0+9=13 この手のスコアは3
  

 ナチュラルとは バカラの目的は、手のスコアを9に近づけることですので、最初の2枚のカードで既に8または9のスコアを持っていれば、かなりいいということになります。

 これが、Natural(ナチュラル)と呼ばれます。もし、PLAYERとBANKERのどちらかの手がナチュラルの場合、PLAYERとBANKERは両方ともStand(スタンド)しなければなりません。スタンドとは、それ以上カードを引かないことです。

■遊び方

 はじめに、PLAYERとBANKERに2枚のカードが配られます。この時点で、どちらか片側がNatural(ナチュラル)であれば、そちら側の勝ちとなります。もし、両側ともナチュラルであれば、スコアの高いほうが勝ちです。もし、両側ともナチュラルでスコアも同じであれば、引き分けになります。

 PLAYER、BANKERともナチュラルではない場合、ゲームは続きます。 PLAYERの手は、6か7のスコアでスタンドします。PLAYERは、手持ちのスコアが0、1、2、3、4、5のときは3枚目のカードを引き、新しく引いた3枚目のカードを加えて、PLAYERの手のスコアが決定します。

■PLAYERのルール

PLAYERの手持ちスコア: PLAYERアクション
0、1、2、3、4、5 DRAW(ドロー)
6、7 STAND(スタンド)
8、9 STAND(natural)(スタンド・ナチュラル)

 BANKERは、PLAYERが6か7でスタンドした場合、自分の手持ちのスコアが、0、1、2、3、4、5のときは必ず3枚目のカードを引きます。6、7の場合はスタンドしなければいけません。

■BANKERのルール

BANKERの手持ちスコア: BANKERアクション
0、1、2、3、4、5 DRAW(ドロー)
6、7 STAND(スタンド)
8、9 STAND(natural)(スタンド・ナチュラル)

 PLAYERが3枚目のカードを引く場合は、BANKERは7のスコアでスタンドします。BANKERのスコアが6またはそれ以下の場合は、3枚目のカードを引くかスタンドするかは、PLAYERの3枚目のカード次第です。(以下のルールを参照してください。)

■BANKERのルール(PLAYERが3枚目のカードを引く場合)


BANKER
のスコア
PLAYERの3枚目のカード
S S S S S S S S S S
S S S S S S D D S S
S S S S D D D D S S
S S D D D D D D S S
D D D D D D D D S D
D D D D D D D D D D
D D D D D D D D D D
D D D D D D D D D D
S=STAND(スタンド)  D=DRAW(ドロー)

■勝ち負け

・手持ちカードの合計が9に近いほうが、勝ちとなります。
・賭けに勝った場合、賭け額と同額のチップが払われます。
・「BANKERが勝つ」に賭けて勝った場合は、5%がコミッション(手数料)として差し引かれて払われます。これはルール上、バンカーの方がほんの少し有利になっているからです。
・BANKERとPLAYERのカードのスコアが同じ場合は、「引き分け」に賭けていれば賭けたチップの8倍が払われます。「引き分け」になった場合、「BANKERが勝つ」「PLAYERが勝つ」賭けたチップはそのまま戻されます。
バカラの定石
 バカラは、参加しているプレイヤーはチップを置くだけですので、特筆すべき定石はありません。ただし控除率が低いため流れを見ながら投資していけば、他のゲームに比べて勝つ可能性が高いです。

 それから、確立が低いTIE(引き分け)には賭けない方がいいでしょう。TIEに賭けて勝てば、賭けたチップの8倍が払われますが、確率的には全体の9.55%です。ですので、BANKERかPLAYERのどちらかに賭けるのみです。とにかく、出見表をつけ運と流れを見極めて、といったところでしょうか。

ページのトップへ↑
HOMEへ【オンラインカジノのプロ講座

当サイトは、ネットカジノ、インターネットカジノ、カジノ、必勝法、攻略法、ギャンブル、ラスベガス、カジノゲームなどに関するサイトです

Copyright(C) 2003-2007 オンラインカジノのプロ講座 All Rights Reserved